太陽光発電装置は屋根に負担をかけて雨漏りを引き起こさないのか No.3

太陽光発電装置設置の影響で雨漏りが起きてしまった場合、メーカーによりますが

保証を用意している企業があります。

残念ながらまだまだ少ないのが現状なのですが、サンテックパワー、長州産業、シャープ、

この3つの企業は雨漏りが起きた場合保証をしてくれます。

しかし、保証の内容は様々ですので、内容の詳細を事前にきちんと確認しましょう。

太陽光発電装置の工事前に、雨漏り保証の確認を業者に行いましょう。

きちんとした業者であれば、即答で答えてくれます。

即答で答えられない業者であれば、太陽光発電装置の仕事に慣れていない

可能性がありますので、工事をお願いするのは避けましょう。



太陽光発電を設置前に屋上の防水もきれいに直しておけば安心です。

一番良いのは太陽光発電を設置する前に、雨漏りがないか点検してもらうことです。

点検は太陽光設置の業者ではなく、屋上防水専門業者にお願いしましょう。

餅は餅屋ということです。

でも、屋上防水の専門業者って言われてもどこで探してよいのか

判らないかと思います。

こちらでご紹介する「防水工事 名古屋」の

業者さんはHPの更新もマメで、信頼性が高いように感じます。




太陽光発電は安い工事ではありませんので、お客様が比較する事といえば工事金額の

違いではないでしょうか。

出来れば安い金額の業者にお願いしたいのでしょうが、あまりにも安すぎる業者は

材料や施工に手を抜かれてしまう場合があります。

せっかく大金をはたいたのに理想の太陽光発電にならない事がありますので、注意しなければいけません。

また、取り付けに手を抜くようになり、万全な防水処理を行ってもらえない場合もあります。

安い金額の場合は、安い金額の工事しか行ってもらえないと受け取るようにしましょう。

工事金額ではなく、しっかりとした施工を行ってくれる業者にお願いしなければいけません。

評判が高く、太陽光発電装置の工事を多く行っている業者に依頼しましょう。


太陽光発電を導入する際に考えてほしい太陽光モジュール

太陽光発電を検討する際に考えてほしい事の1つに、

メーカーによる太陽光の効率の違いがあります。

太陽光の効率というのは、同じ太陽の光によりどれ位の

発電を行う事が出来るかという事です。

一見、どの太陽光パネルを使っても同じ量の発電しかしない

イメージがあるかもしれませんが、使うパネルにより太陽光の効率は大きく変わります。

太陽光の効率の違いにより発電量が大きく変わりますので、

売電してもらえる量にも大きな差が出ます。



1番高い太陽光モジュールは、東芝で19%です。

19%と聞くと少ないと思うかもしれませんが、

今の太陽光発電の技術では19%が最高のレベルなのです。

その次に高い太陽光モジュールは、パナソニックで18%です。

その次に、京セラがあります。

これ以上の高い太陽光モジュールのパネルが出ないとは一概に言えませんが、

長く待っている間に太陽光の買取が行われなくなってしまう事も考えられます。

その為、太陽光発電を検討しているのであれば、

これ以上の太陽光モジュールは期待せず、今あるパネルを活用する事をオススメします。



太陽光モジュールの高いパネルを採用した方が高い発電率を得る事が出来ますが、

性能が高いという事はパネル自体の費用も高価になります。

更に、設置面積の多さも発電量を多くする為にはとても重要となりますので、

様々な部分を細かく検討し太陽光発電装置の採用を考えなければいけません。



また、初期費用に対して発電量と売電費用を比較し、

何年で初期費用を回収する事が出来るのかを検討しなければいけません。

太陽光モジュールの良いパネルを採用しても、

初期費用の回収が期待できないのであれば意味が無くなってしまいます。



太陽光発電を計画する際に、業者が提案してきたメーカーのパネルに

決めてしまう方が非常に多い傾向があります。

太陽光モジュールの発電量を重視してメーカーを選択してくれていると思いきや、

実はその業者と繋がりがあるメーカーを選んでいる事が殆どです。

残念ながら、その建物に合う太陽光パネルを選択してくれている訳ではありません。

その為、太陽光パネルのメーカーはご自分で調べて決める方法をオススメします。

希望のメーカーのパネルで見積もりをしてもらい、

どうしても費用が合わない場合は他メーカーを検討する等考えるようにすると良いでしょう。

太陽光発電装置は補助金を受けて安く設置しよう! No.2


補助を受けるので申請が必要なのですが、特殊な書類の書き方を行いますので、

素人さんでは不明解な部分が多い傾向があります。

補助を受ける際は、太陽光発電装置の工事を行い業者が代行で作成して

手続きをしてくれるので、ご相談をしてみると良いでしょう。

13ほどの書類と工事写真等の添付等をしなければいけなく、素人さんには大変です。



都道府県や市町村により違いますが、補助金交付金額は1kw当たり受けられる

補助金は決まっております。

その為、補助金を受ける事になっても太陽光発電装置の工事費がゼロになる訳ではありません。

殆どの方は、残った工事費をローンで支払う方が大半です。



しかし、補助金で少しでも支払いが少なくなるのであれば、絶対受けるべきです。

太陽光発電への補助金制度は、残念ながらいつまでも続く訳ではありません。

太陽光発電を少しでも検討していて補助金を受ける事を考えているのであれば、

早めに太陽光発電設置を検討して補助金を受けるようにする事をオススメします。



注意してほしいのは、補助金を売り言葉にして高い工事費で

太陽光発電装置の工事を請け負う悪徳業者が居る事です。

特に訪問業者に多い傾向があり、補助金を受けられるから安く設置しないかと声をかけます。

実際は、補助金を受ける金額も上乗せして見積もりに計上し、その分高い利益を得るシステムです。

安く出来るや補助金を受ける事が出来ると聞くと、誰もが気になってしまうものです。

しかし、甘い罠も潜んでいますので、出来れば家電屋さんや

地元の太陽光発電の工事を行う事が出来る業者に工事をお願いしましょう。

せっかくの補助金も、そのような業者が絡むと水の泡になってしまいます。

太陽光発電装置は補助金を受けて安く設置しよう! No.1

太陽光発電は、都道府県や市町村にて補助金制度がある事ご存じでしたか。

太陽光発電装置を設置する際に、一定の条件さえ満たす事が

出来れば補助金を交付する事が出来ます。

太陽光発電装置は高価な工事費がかかりますので、

このような補助金制度を行っている時に上手く活用して太陽光発電装置を設置すると、

安価で発電する事が可能となります。

補助金を受けると、毎月の発電量や売電量等を補助金を交付してくれた

自治体に提出しないといけない場合もあります。

それでも補助金を交付してもらえる事は物凄く助かりますので、

是非利用しましょう、



その都道府県や市町村により金額はマチマチですが、

およそ1kw当たり1.5~2万円程の補助金事業が実施されています。

各都道府県や市町村ごとに交付予定の金額が決まっており、

その金額に達してしまうと募集を締め切ってしまいます。

その為、受付期間よりも前に終了してしまう事が大半です。

受付が開始されたら早い者勝ちのように殺到してしまいますので、

受付開始前に検討をして補助金を検討する場合が非常に多いです。

ご自分が住んでいる都道府県や市町村のHP等をチェックしたり、

太陽光発電を受けている家電屋さんや工事屋さん等に問い合わせてみても分かります。



太陽光発電のメリットとデメリット!設置の前に知るべきポイント No.2

太陽光発電のデメリットは、これらが挙げられます。


【デメリット】


・屋根が隠れてしまう

太陽光発電装置は、屋根の上に取り付けます。

その為、せっかく選んだ板金の色が太陽光発電装置の影に

なってしまい見えなくなってしまいます。



・広い屋根じゃなければ理想の発電がしにくい

もちろん、太陽光パネルの大きさにより発電量が大きく変わります。

その為、小さな屋根では理想通りの発電量は見込めません。

太陽光発電装置を検討する際に、業者さんが発電量をきちんと計算して

提示してくれるのですが、仕事欲しさに多少オーバーに計算して提示してくる事があります。

それを信用して太陽光パネルを設置し、予想以下の電力量しか

発電しないという苦情は残念ながら少なくありません。



・悪天候の際は発電しない

太陽光により発電を行いますので、曇りや雨等の太陽が出ていない時は発電しません。

梅雨の時期は太陽が出にくいので、発電量がグッと抑えられてしまいます。



・初期費用がまだ高い

最終的には元を取ると考える太陽光発電ですが、まだまだ初期費用は高価です。

その為、なかなか踏み出せない方も多くいらっしゃいます。



・意外とメンテナンスが必要

1度設置すると費用がかからないイメージがありますが、

15年ほど経つと取り換えが必要な部品も出てくるので、

意外とお金がかかってしまいます。

初期工事の際に取り替え部品のメンテナンスを含んだ上で契約する業者も居ますので、

永年による部品交換については見積もりの際に問い合わせておきましょう。



・取り付け方の不足により雨漏りを起こしてしまう事がある

太陽光発電装置を屋根上に取り付ける際、架台を屋根の野地垂木に留め付けます。

その際、コーキング等の防水措置をしながら取りつけるのですが、

防水の仕方が良くなく雨漏りを起こしてしまう事があります。

また、太陽光発電装置を屋根上に取り付ける際に、瓦やスレート等の

屋根材を破損してしまう事があり、雨漏りに繋げてしまう事があります。

どちらも、太陽光発電装置の取り付けの不慣れにより起きてしまいます。



太陽光発電は素晴らしいシステムですが、メリットもあれば

デメリットもあるという事を覚えた上で採用するのかの検討を行いましょう。

上手く活用すれば、省エネ効果と環境への負荷を無くす事を行いながら発電が出来るシステムです。

太陽光発電のメリットとデメリット!設置の前に知るべきポイント No.1

太陽光発電は素晴らしいシステムであり、とても人気があります。

一気に需要が増え、太陽光パネルが屋根の上に乗った建物や敷地はとても増えました。

そんな便利な太陽光発電装置ですが、メリットもあればデメリットもあります。

太陽光発電の大きなメリットは、これらが挙げられます。


【メリット】

・発電できる

1番の大きなメリットは、太陽光発電の主な役割であり発電が出来る事です。

それまでは電気は電力会社から買う物でしたが、

自らの建物により発電が可能となります。

一般的な太陽光発電は、設置してある建物の電気量をまかない、

余った電気量を電力会社に買取ってもらいます。

電気量が無料になり、しかも電力が余ったら買取ってもらえる、

まさに理想的なシステムなのです。



・環境への負荷が少なく省エネ

電気は大気汚染の排出が無いのが、大きな魅力です。

かねてから言われている京都議定書のような、

地球温暖化の原因を作らず快適に暮らすことが出来るので、

環境に大きく貢献している事と言えます。



・停電の際に停電しなくて済む

万が一停電してしまっても太陽光で蓄電しているので、停電にならずに済みます。

近年災害が多い世の中ですので、このように停電時に作動してくれるのは物凄く助かります。



・太陽光パネルが断熱効果を発揮

太陽光パネルは断熱効果を発揮してくれるので、夏は涼しく冬は暖かい建物に導きます。

屋根裏温度で比較すると、夏場はマイナス10度程、冬場はプラス5度程と高い断熱効果を発揮します。

その為、光熱費削減に役立ちます。



・節電への意識が高まる

太陽光発電を行っている建物には、発電量などが表示されるモニターが設置されます。

その為、どのように電気を使ったらどれだけ電気代がかかるのかが一目瞭然で分かるようになります。

節電をしようという意識が高まり、電気量を節約できるようになったお宅が物凄く増えています。

太陽光発電装置は屋根に負担をかけて雨漏りを引き起こさないのか No.2

太陽光発電装置設置の際に、屋根の上に乱暴に上った事で屋根仕上げ材を破損させてしまう事が多くあります。

瓦屋根が割れる、ずれる、スレート屋根にヒビが入った等、

太陽光発電装置取り付けの際に屋根材を痛めてしまう事での雨漏りもよくある事です。




このような太陽光発電装置を設置する際に雨漏りを防ぐ為には、

業者の選定次第で防ぐ事が可能です。

太陽光発電装置の施工業者は、大きく分けて2つの業者があります。

1つは販売と取り付けを同じ会社で行う場合と、

もう1つは販売業者と取り付け業者が別の場合です。

自社施工で工事を行う業者は責任感が強いので、

防水や屋根上に上った際の丁寧さに関してもとても慎重に工事を行います。

自社施工ではなく下請け等に施工させる場合は、

責任の所在が曖昧になってしまう関係上、良い施工を行わない傾向があります。

ただ屋根上に取りついていればよい等の考えをする業者が多く、

細かい部分にまで配慮が出来ないので最終的に不具合が発生してしまいます。

太陽光発電装置を取り付ける場合は、自社施工の会社に工事をお願いする事をオススメします。




また、太陽光発電装置の経験や実績が高く、

しっかりとした保証を提示してくれる業者に取り付けをお願いするようにしましょう。

自社施工で施工の実績が高い業者に依頼すると、ほぼ問題は起こらず済みます。

太陽光発電の工事は、国家資格が必要な工事ではありません。

その為、幅広い業種で販売や施工を行っている関係上、トラブルが絶えないというのが現状です。



あまりにも太陽光発電装置設置による雨漏り被害が多いので、国土交通省では

「太陽光発電パネルの設置工事に係わる施工・検査基準の策定と講習会」というものを実施しています。

設置業者向けの講習会を定期的に行う事で、

適切な太陽光発電設置工事が行われるようになってきました。

太陽光発電装置は屋根に負担をかけて雨漏りを引き起こさないのか No.1

太陽光発電装置は太陽光により電気を発電する事が出来る、とてもエコで便利なシステムです。

太陽光発電パネルを建物に設置する場合は屋根上に設置しますが、

その際に屋根に穴を開けて架台を取り付けるので屋根に大きな負担をかけてしまいます。

太陽光発電装置を設置する場合、雨漏りの影響まで考える方は

残念ながら少ないと思います。

しかし、太陽光発電装置を取り付けた事で雨漏りに発展した相談は年々非常に増えています。

なんと、5年前と比べて3倍以上もの苦情や相談が発生しています。

もはや、太陽光発電装置と雨漏りは切っても切れない仲ともいえるでしょう。




屋根の下地の野地垂木という部材に、太陽光発電装置の架台を強固に

留め付ける為にビス止めをします。

その際、屋根仕上げや下地の防水紙等に穴を開けてビス留めを行うので、

ビス止めの際にコーキング等の防水処理を行い水の浸入を防ぎます。

しかし、建築屋さんと太陽光発電取り付け業者とは、建物に対する知識が全く違います。

その為、結果的に防水処理が不十分であり結果的に雨漏りに繋げてしまいます。

建築に対する知識が大きく欠けているので、ただコーキングを注入してビス留めを行うだけの

考えしか無いので、万全な防水処理を行う事が出来ていないのが現状です。

太陽光発電装置は元が取れる?お宅は太陽光発電に適した建物ですか? No.2

太陽子設置は元が取れるのか?の続きになります。

ポイントを押さえておきましょう。



POINT.4

・必ず発電出来る屋根なのかを確認

太陽光での発電なので、太陽がきちんと当たる屋根じゃなければ発電はしません。

南向きの日当たりのよい屋根である事が、大きなポイントです。

また、沢山のパネルが乗る大きな屋根が、太陽光発電が万全に出来る採算が取れるポイントとなります。

屋根が大きく南向きの屋根は、太陽光発電に最適な素晴らしい屋根と言えます。

この様な最適な屋根ではないのに太陽光発電を勧めてくる業者が居ますので、

気を付けましょう。



POINT.5

・昼間電気を使わないお宅が適している

専業主婦で小さい子が居る等の日中も色々電気を使うお宅は、

太陽光発電には向きません。

日中の太陽光を得ている時に電気を使っているので、溜まりにくい傾向があります。

その為、夜や太陽が出ていない日等の蓄電が間に合わなくなり、

電力会社の電気を使ってしまう事があります。



これらの細かい事を踏まえて、太陽光発電が本当に必要で建物の屋根に

適しているかどうかを考えて採用を検討しましょう。



また、太陽光発電装置は、都道府県や市町村により補助金制度を行っている所があります。

補助金を使う事で初期費用を抑える事が出来ますので、その分早く元を取る事に繋げる事が出来ます。

太陽光発電設置を考える際は、補助金制度を調べてみると良いでしょう。

出来れば、補助金制度の期間に合わせて太陽光発電装置設置の計画を行いましょう。



太陽光発電は、きちんとした計画の下で行うと、必ず利益に繋がる快適な太陽光発電へと繋がります。

その為には細かく吟味して適しているのかを調べて、太陽光発電を採用するようにしましょう。

太陽光発電装置は元が取れる?お宅は太陽光発電に適した建物ですか? No.1

ここ10年ほど、大地震や環境問題の事を考えて太陽光発電装置を

設置するお宅がとても増えました。

太陽光発電装置を取り付けようと思う方は、発電した電気を

自宅で使用したり電力会社に売る事で元を取って利益にしたいと思う方が大半です。

太陽光発電で間違いなく元を取って電力売買に結びつける為には、これらのポイントが大事となります。


POINT.1

・屋根が小さいお宅の太陽光パネルは元が取れない事もある

屋根が小さくて太陽光パネルを屋根に数少ない量しか乗せられていないお宅は、

残念ながら発電量が少ないので売電料金を多くする事が出来ません。

その為、初期費用をゼロにして元を取るのは大変と言えます。



POINT.2

・設置後10年以内に初期費用を回収する計画が大事

最初の10年間は電気の売買価格は決まっているので、

初期費用を対比して元が取れるのが素人さんでも計算が可能なので把握できます。

太陽光発電装置は、10年程度で設置費用を回収する事が理想です。

10年というのはなかなか厳しい数字なのですが、15年後パワーコンデディショナーの

交換が必要な事を踏まえて、15年よりは少ない年数で元を取る事が基本となります。

15年を超えるようでは、金額的に太陽光設置した事のメリットが無くなってしまいます。



POINT.3

・初期費用の目安はkw当たり30~42万円

太陽光発電装置の初期費用の目安は、kw当たり30~42万円程度です。

もちろん、kw当たりの単価が高くなる程、初期費用の元を取るのが大変難しくなります。

出来れば、初期費用のKW当たりが40万以下になる業者と契約をしましょう。