太陽光発電装置は元が取れる?お宅は太陽光発電に適した建物ですか? No.2

太陽子設置は元が取れるのか?の続きになります。

ポイントを押さえておきましょう。


POINT.4

・必ず発電出来る屋根なのかを確認


太陽光での発電なので、太陽がきちんと当たる屋根じゃなければ発電はしません。

南向きの日当たりのよい屋根である事が、大きなポイントです。

また、沢山のパネルが乗る大きな屋根が、太陽光発電が万全に出来る採算が取れるポイントとなります。

屋根が大きく南向きの屋根は、太陽光発電に最適な素晴らしい屋根と言えます。

この様な最適な屋根ではないのに太陽光発電を勧めてくる業者が居ますので、

気を付けましょう。


POINT.5

・昼間電気を使わないお宅が適している


専業主婦で小さい子が居る等の日中も色々電気を使うお宅は、

太陽光発電には向きません。

日中の太陽光を得ている時に電気を使っているので、溜まりにくい傾向があります。

その為、夜や太陽が出ていない日等の蓄電が間に合わなくなり、

電力会社の電気を使ってしまう事があります。


これらの細かい事を踏まえて、太陽光発電が本当に必要で建物の屋根に

適しているかどうかを考えて採用を検討しましょう。


また、太陽光発電装置は、都道府県や市町村により補助金制度を行っている所があります。

補助金を使う事で初期費用を抑える事が出来ますので、その分早く元を取る事に繋げる事が出来ます。

太陽光発電設置を考える際は、補助金制度を調べてみると良いでしょう。

出来れば、補助金制度の期間に合わせて太陽光発電装置設置の計画を行いましょう。


太陽光発電は、きちんとした計画の下で行うと、必ず利益に繋がる快適な太陽光発電へと繋がります。

その為には細かく吟味して適しているのかを調べて、太陽光発電を採用するようにしましょう。