太陽光発電装置は元が取れる?お宅は太陽光発電に適した建物ですか? No.1

ここ10年ほど、大地震や環境問題の事を考えて太陽光発電装置を

設置するお宅がとても増えました。

太陽光発電装置を取り付けようと思う方は、発電した電気を

自宅で使用したり電力会社に売る事で元を取って利益にしたいと思う方が大半です。

太陽光発電で間違いなく元を取って電力売買に結びつける為には、これらのポイントが大事となります。



POINT.1

・屋根が小さいお宅の太陽光パネルは元が取れない事もある


屋根が小さくて太陽光パネルを屋根に数少ない量しか乗せられていないお宅は、

残念ながら発電量が少ないので売電料金を多くする事が出来ません。

その為、初期費用をゼロにして元を取るのは大変と言えます。



POINT.2

・設置後10年以内に初期費用を回収する計画が大事


最初の10年間は電気の売買価格は決まっているので、

初期費用を対比して元が取れるのが素人さんでも計算が可能なので把握できます。

太陽光発電装置は、10年程度で設置費用を回収する事が理想です。

10年というのはなかなか厳しい数字なのですが、15年後パワーコンデディショナーの

交換が必要な事を踏まえて、15年よりは少ない年数で元を取る事が基本となります。

15年を超えるようでは、金額的に太陽光設置した事のメリットが無くなってしまいます。



POINT.3

・初期費用の目安はkw当たり30~42万円


太陽光発電装置の初期費用の目安は、kw当たり30~42万円程度です。

もちろん、kw当たりの単価が高くなる程、初期費用の元を取るのが大変難しくなります。

出来れば、初期費用のKW当たりが40万以下になる業者と契約をしましょう。