太陽光発電のメリットとデメリット!設置の前に知るべきポイント No.1

太陽光発電は素晴らしいシステムであり、とても人気があります。

一気に需要が増え、太陽光パネルが屋根の上に乗った建物や敷地はとても増えました。

そんな便利な太陽光発電装置ですが、メリットもあればデメリットもあります。

太陽光発電の大きなメリットは、これらが挙げられます。


・発電できる


1番の大きなメリットは、太陽光発電の主な役割であり発電が出来る事です。

それまでは電気は電力会社から買う物でしたが、

自らの建物により発電が可能となります。

一般的な太陽光発電は、設置してある建物の電気量をまかない、

余った電気量を電力会社に買取ってもらいます。

電気量が無料になり、しかも電力が余ったら買取ってもらえる、

まさに理想的なシステムなのです。



・環境への負荷が少なく省エネ


電気は大気汚染の排出が無いのが、大きな魅力です。

かねてから言われている京都議定書のような、

地球温暖化の原因を作らず快適に暮らすことが出来るので、

環境に大きく貢献している事と言えます。



・停電の際に停電しなくて済む


万が一停電してしまっても太陽光で蓄電しているので、停電にならずに済みます。

近年災害が多い世の中ですので、このように停電時に作動してくれるのは物凄く助かります。



・太陽光パネルが断熱効果を発揮


太陽光パネルは断熱効果を発揮してくれるので、夏は涼しく冬は暖かい建物に導きます。

屋根裏温度で比較すると、夏場はマイナス10度程、冬場はプラス5度程と高い断熱効果を発揮します。

その為、光熱費削減に役立ちます。



・節電への意識が高まる


太陽光発電を行っている建物には、発電量などが表示されるモニターが設置されます。

その為、どのように電気を使ったらどれだけ電気代がかかるのかが一目瞭然で分かるようになります。

節電をしようという意識が高まり、電気量を節約できるようになったお宅が物凄く増えています。